GM音源とは

GM音源とは、

基本的な

音色マップや


演奏表現などの

情報を規定した


「General MIDI

(ジェネラル・ミディ)」


という規格に

対応している音源

のことをいいます。



かつて

音楽制作

ソフトウェアに

使われていた

MIDI音源は


YAMAHAや

Rolandなど


たくさんの

楽器メーカーから

発売されて

いたのですが



登録されている

音色や


演奏表現などの

情報は


特に

決まっておらず


互換性が

ありませんでした。



そのため、

音楽制作ソフトウェア

で作成した


MIDI(楽曲)

データを、


他のメーカーの

音源で

再生させると


作者の思い通りに

演奏されないことが、

よくありました。



例えば、

ピアノの音が

バイオリンに

変更されたり、


ギターの音が

ドラム楽器などで

演奏されて

しまったり、


などです。



そこで、

なるべく互換性を

保つために


「General MIDI

(ジェネラル・ミディ)」

という規格がつくられ


それに基づいた

音源のことを


GM音源と

言われるように

なったわけです。


このサイトでは、

このGM音源に設定されている

楽器や音色について

解説していきます。


いろいろな楽器や

音色について知ることは

編曲や作曲、また

演奏表現にも

影響していきますので

ぜひご利用ください。



【GM音源に設定されている128音色】

●ピアノ・グループ


001:アコースティックピアノ

  (Acoustic Piano)




002:ブライトピアノ

  (Bright Piano)




003:エレクトリックグランドピアノ

  (Electric Grand Piano)




004:ホンキートンクピアノ

  (Honky-tonk Piano)




005:エレクトリックピアノ

  (Electric Piano)




006:エレクトリックピアノ2

  (Electric Piano 2)




007:ハープシコード

  (Harpsichord))




008:クラビネット

  (Clavi)





●クロマチック・パーカッション・グループ


009:チェレスタ

  (Celesta)




010:グロッケンシュピール

  (Glockenspiel)




011:オルゴール

  (Musical box)




012:ヴィブラフォン

  (Vibraphone)




013:マリンバ

  (Marimba)




014:シロフォン

  (Xylophone)




015:チューブラーベル

  (Tubular Bell)




016:ダルシマー

  (Dulcimer)





●オルガン・グループ


017:ドローバーオルガン

  (Drawbar Organ)




018:パーカッシブオルガン

  (Percussive Organ)




019:ロックオルガン

  (Rock Organ)




020:チャーチオルガン

  (Church organ)




021:リードオルガン

  (Reed organ)




022:アコーディオン

  (Accordion)




023:ハーモニカ

  (Harmonica)




024:タンゴアコーディオン

  (Tango Accordion)





●ギター・グループ


025:アコースティックギター
(ナイロン弦)

(Acoustic Guitar (nylon))




026:アコースティックギター
(スチール弦)

(Acoustic Guitar (steel))




027:エレクトリックギター
(ジャズ)

(Electric Guitar (jazz))




028:エレクトリックギター
(クリーン)

(Electric Guitar (clean))




029:エレクトリックギター
(ミュート)

(Electric Guitar (muted))




030:オーバードライブギター

(Overdriven Guitar)




031:ディストーションギター

(Distortion Guitar)




032:ギターハーモニクス

(Guitar harmonics)





●ベース・グループ


033:アコースティックベース

(Acoustic Bass)




034:エレクトリックベース
(フィンガー)

(Electric Bass (finger))




035:エレクトリックベース
(ピック)

(Electric Bass (pick))




036:フレットレスベース

(Fretless Bass)




037:スラップベース 1

(Slap Bass 1)




038:スラップベース 2

(Slap Bass 2)




039:シンセベース 1

(Synth Bass 1)




040:シンセベース 2

(Synth Bass 2)





●ストリングス・グループ


041:ヴァイオリン

(Violin)




042:ヴィオラ

(Viola)




043:チェロ

(Cello)




044:コントラバス

(Double bass)




045:トレモロ・ストリングス

(Tremolo Strings)




046:ピッツィカート・ストリングス

(Pizzicato Strings)




047:ハープ

(Orchestral Harp)




048:ティンパニ

(Timpani)





●アンサンブル・グループ


049:ストリングアンサンブル 1

(String Ensemble 1)




050:ストリングアンサンブル 2

(String Ensemble 2)




051:シンセストリングス 1

(Synth Strings 1)




052:シンセストリングス 2

(Synth Strings 2)




053:コワイア「アー」

(Voice Aahs)




054:声「オー」

(Voice Oohs)




055:シンセヴォイス

(Synth Voice)




056:オーケストラヒット

(Orchestra Hit)





●ブラス・グループ


057:トランペット

  (Trumpet)




058:トロンボーン

  (Trombone)




059:チューバ

  (Tuba)




060:ミュートトランペット

  (Muted Trumpet)




061:フレンチ・ホルン

  (French horn)




062:ブラスセクション

  (Brass Section)




063:シンセブラス 1

  (Synth Brass 1)




064:シンセブラス 2

  (Synth Brass 2)





●リード・グループ


065:ソプラノサックス

(Soprano Sax)




066:アルトサックス

(Alto Sax)




067:テナーサックス

(Tenor Sax)




068:バリトンサックス

(Baritone Sax)




069:オーボエ

(Oboe)




070:イングリッシュホルン

(English Horn)




071:バスーン

(Bassoon)




072:クラリネット

(Clarinet)





●パイプ・グループ


073:ピッコロ

(Piccolo)




074:フルート

(Flute)




075:リコーダー

(Recorder)




076:パンフルート

(Pan Flute)




077:ビンに息を吹き込む音

(Blown Bottle)




078:尺八

(Shakuhachi)




079:口笛

(Whistle)




080:オカリナ

(Ocarina)





●シンセリード・グループ


081:リード1(矩形波)

(Lead 1 (square))




082:リード2(鋸歯状波)

(Lead 2 (sawtooth))




083:リード3(蒸気オルガン)

(Lead 3 (calliope))




084:リード4(チフ)

(Lead 4 (chiff))




085:リード5(チャラング)

(Lead 5 (charang))




086:リード6(声)

(Lead 6 (voice))




087:リード7(5度)

(Lead 7 (fifths))




088:リード8(ベース + リード)

(Lead 8 (bass + lead))





●シンセパッド・グループ


089:パッド1(ニューエイジ)

(Pad 1 (new age))




090:パッド2(ウォーム)

(Pad 2 (warm))




091:パッド3(ポリシンセ)

(Pad 3 (polysynth))




092:パッド4(コワイア)

(Pad 4 (choir))




093:パッド5(ボウ)

(Pad 5 (bowed))




094:パッド6(メタリック)

(Pad 6 (metallic))




095:パッド7(ハロー)

(Pad 7 (halo))




096:パッド8(スウィープ)

(Pad 8 (sweep))





●シンセサウンドエフェクト・グループ

097:エフェクト1(雨)

(FX 1 (rain))




098:エフェクト2(サウンドトラック)

(FX 2 (soundtrack))




099:エフェクト3(クリスタル)

(FX 3 (crystal))




100:エフェクト4(アトモスフィア)

(FX 4 (atmosphere))




101:エフェクト5(ブライトネス)

(FX 5 (brightness))




102:エフェクト6(ゴブリン)

(FX 6 (goblins))




103:エフェクト7(エコー)

(FX 7 (echoes))




104:エフェクト8(SF)

(FX 8 (sci-fi))





●エスニック・グループ


105:シタール

(Sitar)




106:バンジョー

(Banjo)




107:三味線

(Shamisen)




108:琴

(Koto)




109:カリンバ

(Kalimba)




110:バグパイプ

(Bagpipe)




111:フィドル

(Fiddle)




112:シャナイ

(Shanai)





●パーカッシブ・グループ


113:ティンクルベル

(Tinkle Bell)




114:アゴゴ

(Agogo)




115:スチールドラム

(Steel Drums)




116:ウッドブロック

(Woodblock)




117:太鼓

(Taiko Drum)




118:メロディックタム

(Melodic Tom)




119:シンセドラム

(Synth Drum)




120:リバースシンバル

(Reverse Cymbal)





●サウンドエフェクト・グループ


121:ギターフレットノイズ

(Guitar Fret Noise)




122:ブレスノイズ

(Breath Noise)




123:海岸

(Seashore)




124:鳥のさえずり

(Bird Tweet)




125:電話のベル

(Telephone Ring)




126:ヘリコプター

(Helicopter)




127:拍手

(Applause)




128:銃声

(Gunshot)









メルマガ購読・解除
MIDI音源で楽器や音色を学ぶ
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 




なぜ!あなたの音感はよくならないのか?

毎日楽器を練習しても音楽スクールやレッスンに通っても
全く音感がよくならなかった人が短期間で
耳コピできるようになったトレーニング法とは?

あなたの音感がよくならない理由


音感よくする秘訣を語ったビデオと
「聞くだけ」でできる
ドレミ音声を現在特別に「無料」で公開中!

作曲やアレンジしたい人や楽器演奏する人も
とにかく音感をよくしたいひと必見です

【無料】音感ビデオとドレミ音声




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。